Home > サービス - 資産有効活用 > 土地活用コンサルティング

Serviceサービス

土地活用コンサルティング

土地活用のご提案

土地を有効的に活用し、収益を生む資産にしませんか?

収益性や税金面、リスクなど多面的に考え、土地所有のオーナー様にとって最適かつ有効な活用方法をご提案いたします。

土地の資産価値を高めるための有効活用
所有してはいるものの有効活用できていない資産はありませんか?

現在では土地はただ持っているだけではプラスを生みません。その土地を有効的に活用し、収益を上げていくかその方法によって資産価値を高める事が重要な時代となっています。

しかし、単に建物を造れば良い訳ではなく、オーナー様の資産を有効に活用する為のアドバイスには相続税対策の為の売却など、トータル的な有効活用方法をコンサルティングする必要性がございます。

また、土地活用には、多くのメリットがあります。代表的なものとしては有効な税金対策になる事や安定した収益を得られる事、また、地域貢献ができる事などが挙げられます。

土地の活用手段

土地

土地活用方法の中から何を選択すれば良いのか?

土地活用にはいくつかの方法がありますが、いずれもメリットとデメリットがあります。その全てを理解した上で様々な要素を考慮し、比較・検討する必要があります。

1. マンション・アパート経営

マンション・アパート経営

土地活用方法の主流でもあり、相続税対策にも有効

賃貸住宅として入居者へ貸出す事で家賃収入として安定した収益を見込むことができます。
また、賃貸住宅を建てる事で更地と比べて固定資産税評価額(土地)が6分の1、相続時も土地建物の評価額が大幅に軽減されるなど税金面での大きなメリットもあります。
費も比較的多く掛かってきます。

2. 駐車場経営

駐車場経営

少ない投資で回収が早く、他事業への転用も容易

立地によっては、時間貸しのコインパーキングなどの利用も可能です。
また、経年後に他事業への転用や売却が容易で、他の活用方法に比べて投資額は少なく、回収が早いことから低リスクな手段と言えます。
然しながら、固定資産税が居住用に比べ6倍になり税金面での節税効果はありません。

3. 借地

借地の場合

借地の場合

例えば交通量の多い幹線道路などでは、借地または建貸しによる商業施設として土地を活用する方法が考えられます。
繁栄する施設となれば利用者も多くなり、大きな収益と同様に地域貢献度も大きなものに繋がりますが、借りるテナントの選別や賃料など、その分のリスクも大きなものとなりますので慎重に検討する必要があります。
「借地・底地の売却の用途」を具体的にお知らせください。

4.売却する(既に土地を所有されている方)

売却する

固定資産税等の税金や管理の手間から解放される

現金化する事でマンション投資や株式投資等の他の収益を生む資産への組み換えが自由になります。
また、売却によって得られた収入を相続発生時の納税資金として確保しておく事ができます。
然しながら、相続時の評価額は不動産よりも高くなり、売却よって得られた利益については譲渡所得税が課税されます。

あなたの活用方法見つけます!ご相談ください
オーナー様のお悩みにお応え致します。空室改善リノベーションなら、ロイヤルエンタープライズにお任せください!

Copyright ROYAL ENTER PRISE, All rights reserved.